富士フィルムの中判フィルム一眼レフ まとめ編

GA645シリーズ

撮影モードは、プログラムAE(P)、絞り優先AE(Av)、マニュアル(M)の3種類

GA645

SUPER-EBC FUJINON 60mm F4。35mm判換算で37〜38mm相当。

GA645W

搭載レンズはSUPER-EBC FUJINON 45mm F5.6。
35mm換算で28mm相当の画角

GA645i

GA645Wi

GA645Zi

GS 645シリーズ

GA645の先祖

EBC Fujinon S 75mm F3.4

EBCとは、「Electric Beam Coating」の略で、富士フイルムが開発した定評ある高性能コーティングのこと。

ツァイスのT*コーティングをはじめ、世界にはいくつもの名コーティングが存在しますが、フジのEBCコーティングは、おそらく日本メーカーのなかではもっとも実力あるものと言って間違いないでしょう。

逆光耐性が非常に高く、ヌケの良さも抜群。
常に明瞭な画像を切り取ります。

35mmフルサイズ換算で約47mm

GF670

2009年発売

絞り優先ありほ

GW690シリーズ

レンジファインダー

120フィルムで8枚撮り。シャッター速度はB・1s〜1/500。レンズは旧モデルから共通してFUJINONの90mm F3.5。レンジファインダーカメラながら、近接は1mまで寄ることが可能。

GW690

GW690II

GW690III

GWSシリーズ

GW690シリーズのレンズを、超広角のEBC FUJINON SW 65mm F5.6に変更

65mmレンズは35mm換算で、だいたい28mmと同じくらいの画角

  • GSW690
  • GSW690II
  • GSW690III

680シリーズ

  • GW680III
  • GSW680III

670シリーズ

  • GW670II
  • GSW670II
  • GW670III
  • GSW670III

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »