カラフルに描写してくれるKodak UltraMAX400× マダガスカル【作例とレビュー】

てぃも

このサイトでは、写真やカメラを中心に配信しています。
フィルムはたくさん撮っているので、順番に作例記事などをあげていきますので、たまにのぞいてみてください!

Kodak ultramax400の作例を紹介します。

作例は、マダガスカルやケニアで撮った写真です。旅きろくも写真のキャプションに書いていますが、それも楽しんでもらえれば。

UltraMAX400の特徴は?

Kodakのultramaxはポピュラーなフィルムとして愛されていたフィルムの1つです。

鮮やかな色彩や豊かなトーンがこのフィルムの特徴であり良いところで、広範な照明条件で良好なパフォーマンスを発揮することができる優秀なフィルムだと思います!

ISOも400あるので、屋外の風景や一般的な日常のシーンに適しているので、とても使いやすいフィルムの1つだと思います。

今は、フィルム全般がお高くなってしまっているんですが、手頃な価格で入手しやすいことも多くの写真愛好家にとって魅力的で人気なフィルムでした!

created by Rinker
¥2,290 (2024/04/16 06:58:55時点 楽天市場調べ-詳細)

使ったカメラとレンズ

カメラ:NIKON F2

ニコンの名機とも言われるフルマニュアルのフィルム一眼レフを使ってます。フィルムを始めたときから、使っています。重いのは困るところですが、丈夫さとか使い勝手の良さとか良いところが多くて安心感を持てるカメラです。なんだかんだ手放せず、ずっと持ってます。

レンズ:NIKKOR 50mm F1.4

機材に興味がなくて、撮ることだけを考えてたときは、このレンズ一本で撮り続けていました。画角がほんの少し狭いように感じるんですが、これしかなかったら、50mmで撮れる写真を撮るんですよね笑。F1.4なのでとても明るくて、すこしくらいなら暗いところでも撮れてしまうのが、このレンズの強み!

created by Rinker
¥42,800 (2024/04/16 18:37:48時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥47,800 (2024/04/16 22:00:45時点 楽天市場調べ-詳細)

Kodak UltraMAX GC400の作例

てぃも

旅行に持って行くときに持って行くフィルムを今であれば厳選するんですが、この頃は特に考えずに適当に買ったり、旅行前に急いで調達したフィルムを持っていっていたんですが、ultramaxはマダガスカルの風景と相性が良かったように思います!
カラフルなマダガスカルの世界を切り取ってきたので、ご覧ください!

マダガスカル便へ乗り換えるときに数時間、過ごしたナイロビ空港。ガラスには、サバンナで走り回っている動物たちのすがたが半透明フィルムで貼られていて、すごくオシャレでした。もっと写真撮りたかったんですが、ガラスの前にはベンチがあって、結構多くの人が座っていて、少し写真を撮りづらかったんですよね。。。

ナイロビ空港内にあるカフェ。さすが、ハブ空港というだけあってグローバルな空間が広がっていました。アフリカの人たちの着こなしはすごいなと感心してしまいますね!マスタード色のジャケットとかを日本で着てたら、めちゃくちゃ目立ちそうですよね笑 とある本でよんだんですが、アフリカのファッションカルチャーはこれから流行るらしいです!

少女が持っているフルーツを見たことはありますか??カスタードアップルと教えてくれました。「牛の心臓」と現地では呼ばれているみたいです。味は、熟した洋梨とでもいったらいいのかな。味が近いもので、「アテモヤ」というフルーツなら食べれるので、ぜひご賞味あれー!

素敵な緑色をそのままに近い色で表現してくれている。自分たちalienかや家を守っていたのかもしれない。マダガスカルで会った子供たちの目は鋭いけど透明だった気がする。

線路の上に腰掛けて、話を繰り広げているように見える人たち。この風景は、マダガスカルではよく見かけるものらしい。くつろぐのはもちろん、集会の場所として使ったり、ものを売ることあるんだとか。日本だとニュースごとだけに、おもしろい。

素朴な写真なんですが、個人的に結構気に入っている写真です。と言っても、マダガスカル感は全然ないんですが笑。日本でも見かける気がして調べてみると「ヒマツルソバ」という花みたい。けど日本で咲いている花がマダガスカルでも咲いているのは不思議。同じ花ではないのかな。。。

移動中に車の中から。洗濯物って他の人の生活を少しのぞいてるみたいな気がして。カラフルな服がたくさんぶら下がってる。自分たたちが小さな頃は、原色の服着てたけど、時代が変わってシックな服が主流になりましたねー。アフリカの30年後、今のままカラフルでいて欲しいなーと。

オオトリトマという植物らしい。帰ってきてから調べた。こういうとき、Googleアプリの画像検索って、、、。なんて便利。この写真を見て、改めて「カラフルなものを撮ると、このフィルムの強みをひき出しているなー」と思った。

和やかな風景。まさに建設中の家がひとつ見えている。地域にもよるらしいけど、粘土で壁を作った家も多いらしい。自然素材でつくることが多いマダガスカルの家は、持続可能な建築なんだろうね。

めちゃくちゃ楽しそうな看板だったからつい。プールの中でビールを飲むことってあんまりないから、印象的なのかな?このskolは、スウェーデンのカールスバーグ社からライセンスを受けて、ブラジルの会社が製造しているビール。ブラジルではかなり飲まれているらしい。ちなみに一番飲まれているビールは、下のコラムに書いているTHB。
上で紹介したアテモヤとSKOL
てぃも

カスタードアップルに少し味が似ているのかなと上で紹介した「アテモヤ」。私もふるさと納税で買ったことあるんですが、他のフルーツでは味えない味で、ときどき思い出したように食べたくなる味です。 SKOLも日本で手に入るらしいです!

【ふるさと納税】<先行受付>【数量限定】南城市で育った森のアイスクリーム:アテモヤ(2kg箱詰め)
【送料無料】スコール (SKOL) 缶ビール 350ml×6本

コラム:今回の旅行で飲んだビール

そのうち書きます。少々お待ちください!

Kodak UltraMAX GC400の個人的な感想

Kodak Ultra Maxフィルムを使って撮影した写真を振り返ると、まるで瞬間をそのまま切り取ったようなに旅行した時に目にした風景がが蘇る気がします。このフィルムは大げさなカラフルさではない色合いなのが、最大の特徴でオススメできる点かなと思います。優しい雰囲気に仕上がるので、見ていて疲れない。フィルムらしいフィルムなんじゃないでしょうか??

旅行に持って行くフィルムを厳選するのであれば、Ultramaxを持って行くフィルムの1つに選ぶと思います。何度もいってしまっていますが、カラフルな風景を撮る場面で発揮するフィルムと思っています。森や高原など、色の種類があまりない風景を撮ると、フィルムっぽさはもちろん出ると思うんですが、街中や原色を含む風景や情景を撮ると、お気に入りの1枚になり得る写真を撮れるはずです!

created by Rinker
¥2,290 (2024/04/16 06:58:55時点 楽天市場調べ-詳細)

おすすめのフィルム記事

Translate »