アイスランドで出逢った動物たち

チャイ

このサイトでは、海外・国内旅行や写真を中心に配信しています。

旅行してきた約40か国の中でも大のお気に入りのアイスランドをレンタカーで一周した2019年のGWにレンタカーで一周した時に出逢った動物たちです。

10日間と短い期間でしたが、たくさんの自然や動物に出会うことができ、よりアイスランド好きになりました。

アイスランドには2回いきましたが、オーロラをまだ見れていないので、少なくとももう一度は足を運ばないといけない島なんです。

アイスランドで出逢った動物たち

どこの国にもいるんだけど、可愛い猫

アークレイリというアイスランドで2番目に大きい都市で、ブラブラしていた時に出逢った猫ちゃん。

猫はというより犬派な僕ですが、可愛さにメロメロでした。

道路の脇で伸びてアピールしているなぁ〜〜と思っていたら、スタスタと歩き出したのでついていくと、海辺のベンチの上にゴロリ。

撫でろ撫でろという訳です。

まんまとやられました笑

ロッキーなアイスランディアホース

レンタカーを走らせていると道路沿いの草原の中にこの馬たちを見かけることができます!

すこし道路脇に車を止めて、雄大な自然の中にたたずむお馬さんに会いに行ってきました。

ヴァイキングが9〜10世紀にヨーロッパからアイスランドに移り住んだ時に連れてきたそうです。

他の馬の品種とは混ざり合うことがなく、小さなアイスランドの中で繁殖を繰り返してきたので、独自のスタイルを身につけ、アイスランドに適した馬になったらしいです。

アイスランドの馬だけが見せる歩き方があるらしいので、乗馬ツアーにも次は参加してみたいですね!!

実際に見ると圧巻なミンククジラ

アイスランドの北の街「ダールヴィークDalvik」でホエールウィッチングに参加してきました。

5月でも結構寒いので、ダウンを借りて乗り込んできました。

見れない可能性もあるかな〜と思ってたんですが、今回見れたミンククジラは年中見ることができるようで、難なく見ることができました!!

ただ波がそこまで強くなくても海水がミスト状に飛んできるので、なかなか落ち着いて撮影は出来ませんでした笑

ちなみにアイスランドは日本と同じ捕鯨国です。
(最近は捕鯨数も減っているようですが・・・)

おこぼれを預かりにきましたよ!ウミカモメ

ホエールウォッチングをした後に、ルアー釣りの時間がありました!!

釣り好きだけにすごい嬉しいサービス!!(釣れませんでしたが笑)

釣れた魚は船の上で捌かれて、船から降りてホイル焼きでいただきました♪

海カモメたちは、魚を捌いた残骸にありつけるのを知ってるから、寄ってくるよってくる笑

実は家畜だったんだよ、僕たちトナカイ

18世紀に他の家畜より遅れてアイスランドに上陸したトナカイですが、アイスランド人にはハマらなかったのか、飼育放棄されてしまったみたいです笑

そのおかげでアイスランドには3,000頭くらいのトナカイが野生化して暮らしているんだとか。

最も出現率が高いのは東部アイスランドらしいので、東部をドライブしている時は注意してみてみてくださいね!!
(僕たちも旅の中盤頃に見たから東部でおそらく見たと思います!)

地味な色だけど、可愛いアイスランディアグース

カモだったりガチョウって一歩一歩ヨチヨチと歩くので、個人的に好きな鳥たちです!

自然公園を歩いていた時に見かけたのが、このガチョウさん。

カップルのオスさんが見回りに出ていたのかな?

因みに、カナダグースの『グース』ってガチョウって知ってました??

筋肉モリモリのワンチャン

最終日に晩餐をしたレストランに食べにきていたお客さんのワンチャン。

あんまり旅行中に見かけることがなかったんで、思わずパシャリ。

エキノコックス症という寄生虫の感染拡大を防ぐために、一時期レイキャヴィック市内では犬の飼育が禁止されていた時期もあったんだとか・・・・・。

まだまだ見たい動物がアイスランドにはいる

2回目のアイスランド旅行でトナカイに出会えたのがラッキーだったんですが、まだまだ出会えていない動物たちがいるので、機会あればアイスランドに是非とも行きたい!!

パフィンという素敵な鳥も4月〜5月に飛来するので、今回の旅行でも見ようと思ったら見れたかもしれないんですが、制限された時間に阻まれてしまいました。

パフィンの他にも北極キツネもアイスランドに元々生息していた唯一の哺乳類なので、

北極キツネはアイスランドに生息していた唯一の陸生哺乳動物、世界中では稀なパフィンですが、アイスランドには非常に多く存在する鳥です。渡り鳥であるパフィンは、4月から5月に飛来し、8月までは多くの地域で観察、近年野生化した動物ではウサギ、野生化したミンク

動物たちを撮影したカメラとレンズ

✔︎ すこし贅沢なミラーレス一眼レフ

今は手放してしまったんですが、写りは最高でした!
重いんですよ。重いんですけど、その価値は十分にありました。
(おかげで荷物重量オーバーで追加費用送ったんですけどね笑)

SONY α7RIII A ボディ (ILCE-7RM3A)
✔︎ Gグレードで使い勝手の良いズームレンズ

フルサイズで24mmだと十分に広角なので、旅行中に欲をそこまで出さなかったからこのレンズ1本でいけちゃうと思います!

created by Rinker
¥149,490 (2022/09/26 22:26:11時点 楽天市場調べ-詳細)
Translate »