明石の釣り堀『@sea 海上釣り堀あっとしぃー』【サービス・釣れる魚】

チャイ

このサイトでは、海外・国内旅行や写真について配信しています。

2021年8月に明石の会場釣り堀『@sea 海上釣り堀あっとしぃー』に先輩に誘われ行ってきました。

釣りには年に数度は必ず行くんですが、普段は防波堤からの釣りだったり筏釣りがメインで、釣り堀には手を出さずに今まで生きてきました。

ずっと先輩に「海上釣り堀に行こうや〜〜」と誘っていただいていたので、重い腰を上げて行ってきました!!

海上釣り堀がどんなものなのか気になってる方は是非読んで見てください!!

釣り堀の情報

住所兵庫県明石市中崎1丁目地先 (明石駅より徒歩13分)  
電話番号090-1089-1191
予約方法電話(完全予約制)
釣り時間AM7:00〜PM1:00
集合時間AM6:20(釣り場所の抽選は6:30)
定休日水曜・木曜

@sea 受付
釣り堀の風景
こんな感じで釣ります

料金

表に釣り堀の使用料金の価格表を纏めておきますが、写真も撮ってきているのでそちらもご覧くださいね!!

料金
男性11,000円
女性6,600円
子供(小学生以下)6,600円
価格表

放流されている魚

  • タイ
  • イサキ
  • シマアジ
  • カンパチ
  • ハマチ
  • タマクエ 

タマクエが釣り堀で放流されている魚の中で、一番の高級魚となっています!

ハタ科最大級タマカイの成長率と高級魚クエの美味のいいとこ取りをした魚のようです。

タマカイってクエ並みに美味しいのに、2年ほどで出荷可能になるんだとか。

詳しく書かれた産経新聞の記事がありました。

定期的に放流タイムがあります。

放流されると釣り堀内の魚たちの活性がグンと上がり釣れやすくなったので、放流のタイミングでは気合を入れないとな!と言うことが勉強になりました。

口コミ(先輩の)

先に書いていましたが、僕も釣りが好きですがマイカーもなく結婚して子供もいるのでなかなかいく回数は増やせず年に数度程度しか行けていない「釣り好きと言い切れない者」なんですね。

今回釣り堀に行こう!と誘ってくれた先輩は、『趣味は釣り!』と胸を張って言う方なので、今回の口コミは色々と釣りに行っている先輩のコメントを載せておこうと思います。

  • 陸続きだから、すごい楽やで!(渡船じゃないのですぐ帰れるのが魅力とのこと)
  • 釣り堀の中ではよく釣れると言えるね!!
  • サービスもいいし、高級魚(タマクエ)も入っているからロマンがある!

とのことでした!

釣り堀と言っても、わざわざ船に乗って海上に浮かんでいる釣り堀まで行かないと行けないところも多いらしく、高評価でした!

持ち物・準備しておくもの

  • タックル(釣竿とリール) ※釣り堀でレンタルあり!
  • 餌 ※釣り堀で購入出来ます。
  • 仕掛け ※釣り堀で購入出来ます。
  • ハサミ・ペンチ(針外しできるようにしておきましょう!)
  • クーラーボックス(少し大きめがベター)
  • タオル(フェイスタオル3枚くらいあれば十分!)
  • レインウェア・長靴 ※雨天時

(先輩が)準備・購入した餌です。
写真を撮り忘れてしまったんですが、下の写真の餌以外にも生き餌で「シラサエビ1杯」と「ウグイ3匹」もエアレーションを入れて持っていきました。

持っていった餌(2人分)
  • つり物語 いわし(ウグイを使った後に青物狙いで使いました!アタリありました)
  • マダイイエロー(やっぱりタイ狙いはコレみたいです!)
  • 趣味の生ミック(マダイイエローと混ぜて使ったり)
  • 特鮮むきエビ(シマアジはこれで釣りました)
  • シラサエビ1杯(一番釣れると思ってたのに、2匹くらいしか釣れなかったかな?)
  • ウグイ3匹(カンパチ2匹釣れました♪)

クーラーボックス

キャンプやBBQ用に購入したクーラーボックスしかなかったので、それを持っていきました。

なんとか釣り上げた魚たち全て入りましたが、カンパチは曲がっていたので、横長のクーラーボックスがあれば、それを持っていくことをオススメします!

釣れた場合のことを考える(妄想が膨らむ)と重装備になりますよね笑

それが釣りなんだと思います笑

釣れた魚

僕たちは、場所どりの抽選番号がそこまで良いわけではなかったんですが、狙っていた端の箇所を取ることができました♪

15が僕。

16が先輩。

シマアジを釣り上げ嬉しくて撮影!!

シマアジを釣ったあとは、「もっと釣りたい欲」が生まれ写真撮る事を忘れて釣りに勤しみました笑

青物放流タイムと同時に仕掛けを変えて、ウグイで釣り始めると先輩にHIT!

カンパチを釣り上げた後に、僕もHIT。

同じくカンパチを釣り上げることができました!

大きな魚との掛け合いには慣れていないので、翌日筋肉痛になりました笑

カンパチを釣り上げたのは僕たちだけだったので、スタッフの方達からは「よく釣ったね〜」とお声がけいただけました!

完全に『ビギナーズラック』ですね!!

先輩に感謝です!!

僕が釣った魚たち

先輩が釣った魚たち

さすが、釣りを極めている先輩の釣った魚の数が多い事!

僕もカンパチがいるからこそ、見栄えのする釣果ですがカンパチを釣れていなかったら、すごい寂しい釣果じゃないですか?笑

危ない危ない。

釣れた魚はビクに入れておいて、終わりがけにスタッフの方が血抜きと内臓とりをしてくださいました。

こんな感じで、処理された魚たちはクーラーボックスに入れてもらって、お持ち帰り準備万端です!

舐めたクーラーボックスで来てたのは僕だけですね笑

写真の奥に車が見えていると思いますが、釣り堀の真横に駐車できるので楽々でした!

終わりに(釣り堀に行ってみて気づいた事)

想像よりもめちゃくちゃ楽しかったです。

『釣り堀だから釣れて当たり前』って思ってたんですよ。。。

だって、何がいるか分からない海と違って、釣り堀には何の魚が入っているか分かるんだもの。

そう思ってたんです。


けど、実際に釣り堀で釣りをしてみて気づいた事。

釣るポジション・釣れる時間帯・餌次第で全然釣果が違ってくると言う事。


釣りって運と戦略が大きく釣果にやっぱり影響するんだな〜と実感しました。

釣り堀でも難しいんだから、自然界で大物を釣ろうと思ったり、爆釣しようと思っても思い通りにならないのも当たり前か。。。。


釣り堀の便利さには味をしめてしまいそうですが、ちゃんと自然界でも釣ることができるようにスキルを磨いていこうと思います笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »