KONO!original candy× 横浜中華街【フィルム作例・レビュー】

チャイ

このサイトでは、海外・国内旅行や写真について配信しています。
Twitter @gudaziii / Instagram @chaicupfilm

今回は作例とともにKONO!original candyを紹介します。

KONO!original candyってどんなフィルム?

KONO!は加工フィルムシリーズを発売しているオーストリアに拠点を置く小さなフィルムメーカーです。

今回レビューするoriginal candyもそうだったのですが、パトローネをリサイクルしているみたいです。

中身のネガがパトローネと同じフィルムかどうかまでは正直分かりません。(時間ある時にネガもちゃんと見てみます!)

加工フィルムを現像に出す前に、ラベルの下は何のフィルムなのか記録してるのですが、original candyのラベルの下からはkodak color plus200が現れました!

ISOは一応同じ。ふむ。

使ったカメラとレンズ

カメラ:ZEISS IKON ZM

高級カメラに分類されるだろうカメラなんですが、もう最高に使いやすいです!このカメラの良いところはファインダーがとても大きいところ。このファインダーがよく見えすぎてるから、ライカにも勝ると言う方も実は多い!

レンズ:NOKTON classic 40mm F1.4

本当にコンパクトで持ち運びしていても疲れないのが何よりもこのレンズの魅力。ピントリングに引っ掛かりがあるから、使い慣れてくるとレンズを見ないでもピント合わせが出来る様になります!

Carl Zeiss ZEISS IKON ZM

Kono! original candyの作例

インサートは横浜中華街に入る一歩手前から。バーの玄関もスッカリ緑色に
警察署もパシャリ。ライトがCinestillみたいにぽわんと光ってる。
粒子感がそこそこあるのが分かる。
ちょうちんの色は勿論赤いのだけど、緑色に寄っている。
中国といえばパンダ。王子動物園にもパンダ戻ってきてほしい!
ネオンを近づいて撮っとくのも良かったかも。
中華街らしいオブジェクト。このフィルムの色味をずっと見ていると本来の色を思い出さない。。。
凄い怪しいサンプルメニューに。
中華街から抜けるとラヂオ放送局。真っ白だったワンコちゃんが怪しく光ってます。
このロールで個人的に好きな一枚。緑色に寄るっていうのはレトロっぽくなると言っても良いのかなー

Kono! original candyのレビュー

全体的に緑がかるという特徴的な写りを見せてくれたした。

緑がかることで本来の色からは離れてしまうので、どんな風に色味が変化するのかを頭の中でイメージしておいてシャッターを押すべきなのかな。

作例のところにも書いたんですが、ネオンを撮るのも楽しみ方の1つかなと思います。

加工フィルムも様々で、アレンジされる前のフィルムの色が残ってるものからガッツリと加工されちゃってるフィルムもありますが、KONO!candyは個人的には好きです。

Revolog tesla2のレビュー記事をこの記事の前に書いたんですが、アレは少し苦手でした笑(加工しなくて良いんじゃない?ってなります)

これからも加工フィルムでバシバシ撮影していきますのでこれからも宜しくお願いします。(インスタのフォローもお願いします!)

✔︎ 2022年入手できるフィルム一覧(168種類)
✔︎ オススメフィルム7選

おすすめのオールドレンズの記事
Translate »